先日購入したSUUNTO Ambit3 Verticalのナビゲーション機能を活用すべく、ハセツネCUPのマップをルートとして取り込んで見ました。

先日アップデートされたMovescountにログインし、「マップ」ページからルートを作成します。

HasetsuneRoute

スタート地点を決め、ルートに沿ってクリックしていくわけですが、このマップには細かいトレイルのルートまで登録されており、広域地図にしてポイントポイントをクリックしていくだけで自動的にルートが作成されていきます。また、ハセツネの公式マップと見比べながらルートを作成いくわけですが、ヒートマップ機能により、過去にSUUNTOを使って通った軌跡が多いほど濃い色でルートが表現されているため、ここがハセツネのルートなんだなということが視覚的に分かりやすくなっています。

ルートができたら対象となるデバイスを選択の上保存し、後は同期を取るだけです。

これで初参加であるハセツネのレース中も自分の現在地、高度、この先のどれぐらいの登り・下りがあるのかが確認できるようになりました。

と思いきや、いざ試しに使ってみようとしたところ、どうやらこの機能が使えるのは[NAVIGATION]メニューを起動した時だけで、[EXERCISE]メニューからスポーツモードで計測中にはこのルートを表示できないっぽいです、、、

さすがにレース中はタイム、距離、心拍数を見れるようにしたいので[NAVIGATION]機能だけを使うわけにもいかず、せっかくの機能なのにどうしたものかと悩み中です。スポーツモードで計測中の画面に表示する術がないか、もう少し調べてみます。


[その後]

SUUNTOのカスタマーサポートに問い合わせた結果、すばやく回答頂き解決しました。次の手順でやりたいことが出来ました。

  1. [START/STOP]ボタンを押し、メニューから通常通り[EXERCISE]選択しスポーツモードに切り替え。
  2. その状態で[NEXT]ボタンを長押しして、オプションメニューを表示
  3. [NAVIGATION]を選択
  4. [Routes]を選択後、対象のルートを選択
  5. [Navigate]を選択後、ナビゲーションを開始
  6. [START/STOP]を押す(スポーツモードでの計測が開始される)

すると、[NEXT]ボタンを押していくことで、スポーツモードでの計測画面に、ルート画面が加わった形で画面の切り替えが出来るようになります。また、ルート画面では[VIEW]ボタンを押すことで、平面ルート図と断面図の切り替えが出来ます。

ハセツネではこの機能を重宝することになりそうです。

広告