東京マラソン2019の一般エントリー申込者数が発表されましたね。ここで今年の分も追加した東京マラソンの倍率推移をまとめておきます。

開催年 定員* 申込者数 倍率
2007 25,000 95,044 3.1
2008 25,000 130,062 5.2
2009 30,000 226,378 7.5
2010 32,000 272,134 8.5
2011 32,000 294,496 9.2
2012 29,400 282,824 9.6
2013 29,400 303,450 10.3
2014 29,400 302,442 10.3
2015 28,400 304,825 10.7
2016 27,370 308,810 11.3
2017 26,370 322,703 12.2
2018 26,370 319,777 12.13
2019 27,370 330,271 12.07
*2012年以降の定員はエリート、チャリティーランナー等を除く、抽選対象者

昨年は右肩上がりで続いてきたた申込者数も初めて減少に転じましたが、今年は再び増加。一方定員も増えていることから倍率は0.06ながら下がっています。

なかなか当たる気はしませんが、新しくなったコースを一度走ってみたいものですね。

二次抽選について

なお、ONE TOKYOプレミアムメンバーには二次抽選のチャンスがあります。スケジュールは以下の通り。

  • 11月上旬 抽選対象者に『東京マラソン2019二次抽選のお知らせ』のご案内
  • 11月中旬 二次抽選ONE TOKYOプレミアムメンバー限定
  • 11月下旬 二次抽選当選者決定通知及び参加料入金のご連絡

なお、11月12日に事務局からメールがきて、二次抽選の結果は11月26日以降にメールで案内されるとのことです。

広告