さあ、いよいよ今日から始まりました、TBS日曜劇場『陸王』。池井戸潤の小説で、100年以上の歴史を持つ老舗の足袋メーカーが会社の存続を賭けてランニングシューズならぬランニング足袋を開発し、奮闘する物語です。ランナーの皆さんでも楽しみにしていた方は多いのではないでしょうか。

さてこの物語のモデルとなっていると言われているのが、埼玉県行田市にあるきねや足袋株式会社のランニング足袋「MUTEKI」です。この足袋『ランニングフォームを見直す ~ 脚に頼らない走り方  』にて紹介した『ゼロベースランニング』でも推薦履物として紹介されています。

このランニング足袋に興味を持った方、実はこれ、埼玉県行田市のふるさと納税の返礼品にもなっていますので、ふるさと納税という形で入手することも可能です。

昨年『ランナーの為のふるさと納税』にて、ランニング 関連の返礼品をまとめました。今年度分はまとめられていないのですが、今年度新しく追加された返礼品としてここで紹介しておきます。

 

広告