今年は5000mの高校記録が16年ぶりに塗り替えられるなど、5000mで高校生の好記録のニュースがちらほらと耳に入るようになりました。

5000mの13分台というと個人的には「超一流ランナーの称号」というイメージがあり、なんとなーく高校野球でいうと「球速150km投手」のようなものなんだろうなと思っていました。

ただ、13分台と一口に言っても13分40秒台、13分30秒台まで出ているので、「そこまで行くと球速だとどれぐらいのものなんだろう?」とふと疑問に思い、歴代10傑の記録を比べてみることにしました。

高校生5000m歴代10傑

まず、5000mから。上位2記録は、今年に入って記録されていますが、13’50″を超えるともう10傑入りできないというハイレベルな世界になっています。「13分台」とだけいうと、もうあちこちに当たり前の様にいるのでしょうね。

113’34″74石田洸介東京農大二2020年
213’36″57伊藤大志佐久長聖2020年
313’39″87佐藤秀和仙台育英2004年
413’44″91土橋啓太大牟田2002年
513’45″23佐藤悠基佐久長聖2004年
613’45″86北村聡西脇工業2002年
713’47″22中谷雄飛佐久長聖2017年
813’47″8佐藤清治佐久長聖1999年
913’48″06上野裕一郎佐久長聖2003年
1013’48″13遠藤日向学法石川2016年
出典:Wikipedia

高校野球 球速歴代10傑

次に高校野球。基本的にはスピードガン導入以降の甲子園での記録をもとにしていますが、甲子園外で記録され有名となった記録があるので、1位・2位は参考記録としてランクインさせています。151kmを出した松坂大輔がランク外になるなどハイレベルになっていますが、こちらも「150km台」とだけいうと、あちこちに当たり前の様にいるのでしょうね。

1163km※佐々木朗希花巻東2019年
2160km※大谷翔平花巻東2012年
3155km佐藤由規仙台育英2007年
4155km安楽智大済美2013年
5154km寺原隼人日南学園2001年
5154km菊池雄星花巻東2009年
5154km今宮健太明豊2009年
5154km奥川恭伸星稜2019年
9153km平生拓也宇治山田商2008年
9153km北方悠誠唐津商2011年
9153km釜田佳直金沢2011年
9153km藤浪晋太郎大阪桐蔭2012年
9153km高橋宏斗中京大中京2020年
出典:高校野球百科事典

ちなみにソフトバンクホークスの今宮健太は本職はショートながらも、154kmを出し名だたる投手に並んで5位に入っているのが凄いですね。

ざっくりいうと

上位2つがずば抜けていたり、球速の方は1km単位で括られていたりと、一概には比べられないというのは重々承知の上で、ざっくりというと

5000mタイム球速
13’35”160km
13’45”155km
13’46”154km
13’47”153km
13’48”152km

といった感じですかね。

以上、「ちょっと気になって調べてみた」シリーズでした。